• クボサヤカ

在宅ワークのコツ

私は、基本的な働き方として、在宅で事務作業、クライアント先で講師業や保健師業をしています。最近、新型コロナちゃんの影響で、在宅で仕事をしている人が結構増えています。「在宅で仕事をしていると、誘惑が・・・」なんて声も聞こえてきているので、今回は在宅で仕事をする時のコツをまとめてみました。


1)睡眠時間はしっかりとる。

「自宅で1人で仕事をしていると、眠くなってしまうのではないか。」

そのとーり!睡眠時間が不足していると、在宅だろうが、職場だろうがどこで仕事をしていても眠くなります。多忙による寝てない自慢をする方にたまに会いますが、寝た方が断然良いです。

今の私の睡眠時間は基本7~8時間。これだけで、身体の調子が全然違います。在宅勤務でせっかく通勤時間がなくなったのだから、まずは寝ることをお勧めします。


2)着替える。

誰にも会わなければ、パジャマのままでも仕事は出来ます。ですが、何となくモードが切り替わらないのです。楽な服装でも良いので、着替えはした方が良いです。


3)タスクは細かく設定。

「今日やること」は、なるべく細かく設定しています。

最近増えている執筆関係は、特にです。いきなり5000文字となると、精神的にキツイ。目指す山が高すぎて、途中で登る気力もなくなってしまいそう。今は、1000文字単位で目標設定をしています。


4)運動は意図的に。

運動は、意図的に入れます。家から一歩も出なくて済むのが在宅ワークですが、煮詰まりやすい。誰とも話をしなければ、いつの間にか鬱々としてきます。どうしても区切りがなくなりやすいので、気づけばエンドレス状態に。 そんな時は、思い切って外に出る。散歩が一番良い気がします。そんな時間に、思いもしない、良いアイディアが降ってくるのですよねー。


5)何か楽しみを作っておく。

毎日のプチ楽しみは必要です。私は、ランチをお楽しみにすることが多いです。お弁当を作っておく、近所の美味しいパン屋さんに行くetc。美味しいランチが待っていると思うと、午前中の仕事もはかどります。



こうして振り返ってみると、フリーになってから、自分なりの工夫を色々していたんだなぁと思いました。新たな習慣を獲得するまでに、2週間から3週間かかると言われています。まずは、やりながら工夫を見つけていくと、いつの間にか自分の働き方が出来るのでしょうね。


0回の閲覧

THOUGHTS