• クボサヤカ

楽しくてタメになる、健康教育の3つのレシピ

産業保健師としても、飲食店の食育担当としても、十数年間健康教育に携わってきました。

そんな私が、健康教育を行う際に大切にしている事をお伝えします。


1)受講者を主語にした目標をリアルに決める

 例えば、

  「セミナー終了後、受講者は●●出来るようになっている」など

 

 よりリアルにするためには、受講生の状況が分かっていることが必要です。

 その為には、どれだけ事前に受講者の情報を集めたり、受講者の姿を思い描けるか、だなぁと思います。


2)飽きない工夫


   受講者が寝てる

   受講者がスマホを手放さない

   受講者が明らかに内職している


 セミナーの内容よりも、受講者が他に気を取られているのは、講師としてはセツナイ。

 魅力的で、飽きない内容にするために、私は20分を1コマとして内容を組み立てます。

 知識伝達、ワークを組み合わせることで、変化に富んだ時間を提供することが出来ます。



3)受講者にとって発見があり、明日から取り組みたい目標が見つかる内容

 

 現場や実際の生活に、すぐに役立つ内容でありたいなと思っています。



  「あるべき論は分かるんですけどね、それが出来たら苦労しないんよ・・・」



 私自身が多くのセミナーに参加して、トボトボと帰ったことは数知れず。


 役立つ内容にするためには、現場を知り、日々のナマナマしい日常生活を知ること。

 ヒントは、意外と自分の近くにあったりします。



今日は、健康教育をする上で、私が心掛けていることをご紹介しました。


皆さんは、健康教育をする時に大切にしている事はなんですか?

自分が主役になっている、健康教育をしていませんか?



 

 

 


18回の閲覧

THOUGHTS