• クボサヤカ

テレワークを推進したら、腰が痛くなった話

ご多分に漏れず、在宅での仕事が増えています。 元々、事務作業は自宅でやっていたのですが、訪問や研修も減り、オンラインでの会議や面談も増えてきました。 ・・・それに比例して、腰が痛くなりました。


私の仕事机は、ダイニングテーブルでした。全体に低く、椅子と机の高さが合っていません。長い時間座る用の椅子ではないので、座る部分も硬いし、背もたれもイマイチ。1時間の面談や会議で同じ姿勢を取っていると、画面に映らないことをいいことに、足を立てたり、段々お行儀が悪くなる始末。そりゃ、腰も痛くなるわなーで、整体にもお世話になりました。


今後も、コロナちゃんの余波が続くと腹をくくって、普段あまり使わない納戸を整理して、テレワーク用のプチ部屋にしました。

それなりの椅子を買い、クーラーも準備しました。

今のところ、快適です。


自宅でのテレワーク環境の整備に補助がある企業がニュースに取り上げられているのを目にしたことはありますが、実際はまだまだなのでしょうね。 人材育成屋さんの視点では、上司部下同僚との情報共有やコミュニケーション、マネジメントが特に気になる昨今ではありますが、身体的へのテレワークの影響も心配。テッパンの腰痛・肩こりもそうですが、運動する工夫は、意図的にしないと、気が付けばずっと座りっぱなし、家から出ていない!なんて事もあるでしょう。


働く人の健康づくりのバリエーションも、コロナ下ではアップデートされている。保健師も健康を促進する行動提案のアップデートが必要なのかもしれません。


まずは、自らが実践できるネタを探し、やってみる。

そろそろ肩もこってきたので、YouTubeでヨガでもやろうかな。









2回の閲覧

THOUGHTS