• クボサヤカ

オンライン飲み会のススメ

コロナちゃん騒動で、飲み会も開催しづらい雰囲気が蔓延している中、オンライン飲み会を開催しました。


うんうん、なかなか良い♡


何が良いって・・・

  

●しこたま飲んでも、すぐに寝られる。

 何しろ、お店じゃないですからね。終電の心配もない。


●自分が好きな食べ物、飲み物で出来る。

 コンビニでも良いし、ちょっと良いおつまみでも良いし。


●地方に住んでいる人とも気兼ねなく開催できる。

 遠方でなかなか会えない!というハードルも簡単にクリアー。


●家族がいるから出かけられない!という時でも大丈夫。

 子育て中の方には、一番のメリットかも。


●おかわりとか、サーブとか気にしなくてもよい。

 (元役員秘書としては、おかわりの声掛けを終始気にしています・・・)



とは言っても、上手くやるためのポイントもあるなぁと。



〇やるなら全員オンライン

 リアルの出席者とオンラインの出席者を混ぜると上手くいかない。

 リアル同士で盛り上がってしまい、オンラインの人を忘れてしまいがち。

 オンラインの人も、リアルの輪に入っていきづらい。


〇人数は6人ぐらいまで

 会話のクロスが出来ないので、1つの話題を皆で話しながら飲むことになります。

 6人を超えるとちょっときついかも。


〇ZOOMが使いやすいと思うけど、無料より有料の方が良いでしょう。

 無料は40分ですし。繋ぎなおせば出来ると思いますが、ちょっと面倒。


〇終わりの時間は決めておく。

 ラストオーダーがないので、気づけば時間延長に。

 最初から終宴時間を決めておくのが吉。



こう考えてみると、お店での飲み会って、段取りが結構あるなぁと思いました。


日程決めて、人数把握して、お店を決めて、コースにするかアラカルトにするか判断して、メニューを決めて、個室が良いかも考えて、予約をしようと思ったらいっぱいで、また店を考えて、ようやく店が決まったら、参加者に告知して、リマインドして、急なキャンセルや遅刻、迷子になっている人の対応をして、飲み会中はそれぞれ楽しんでいるか見まわして、会話にあぶれている人には話しかけて、飲み物と食べ物は足りているか確認しつつ、その場に合った小粋な話題もふって、酔ってそうな人には水を飲ませて、締めのご飯かデザートはいりますか?と声をかけて、終わりの時間を気にして、お店のお姉さんに騒がしくしてスミマセンとあやまりつつも、会計して、領収書が欲しい人いるか聞いて、あて名を聞いて、割り勘して、終電あるのか、皆無事に帰れそうなのか、二次会するなら、居酒屋かカラオケかバーなのか・・・


オンライン飲み会では、この段取りが半分くらいにはなりますが、皆に楽しく参加して貰うという宴会の目的は変わりません。オンラインはオンラインで、上手く運営するコツがあるなぁと思いました。意外に楽しく出来たので、コロナちゃん騒動に関わらず、これかも企画していきたいと思います。


そういえば、保健師さんになりたての時、「仕事上手な保健師さんは、飲み会の仕切り上手」と言われたことがあるなぁ

4回の閲覧

THOUGHTS